フリーダイヤル 0120−79−5524 (携帯からも通話料無料)

2016年02月11日

相続ワンストップサービス

こんにちは。ココウエストの大西です。

みなさんは、「相続ワンストップサービス」という言葉をご存知ですか?

相続ワンストップサービスは、その言葉の通り、相続に関するサービスをワンパッケージ
で行ってくれるというサービスのことです。

弁護士税理士司法書士不動産鑑定士など、異なる複数の専門家が相続に関する問題を解決するというサービスです。

弁護士事務所、司法書士事務所、税理士事務所などが窓口になっており、相談が無料のケースがほとんどです。

こういうと大変便利なような気がしますが、注意しなくてはならない点も存在します。

そもそも、相続手続は約90種類もあるので、専門家といっても、得意な手続はごく一部、知らない手続、
が存在する場合がも存在します。

そのため、相談する相手を間違えると、続にくわしくない専門家が取り扱ったばかりに、時間ばかりかかって、
一向に進まなかったり、全部任せたつもりが、自分でやる羽目になるというリスクもあります。

そのため、まずは無料相談で複数の業者に相談し、最も信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

また、場合によってはワンストップを利用しないようなケースも当然ありますから、それも相談を通して判断しましょう。

cocowestlogo.gif  ★お問い合わせはお気軽にココウエストまで!★
札幌圏での不動産売却の御相談もお気軽にどうぞ!
posted by 大西 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相続による不動産売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

「実家の片づけ」問題

こんにちは。ココウエストの大西です。

近頃、世の中では表題の通り「実家の片づけ」問題が深刻な問題になっています。

東京や札幌のような都市に住む地方出身者が、なんらかの理由で実家の片づけをする必要があるという問題で、
そのきっかけは親を介護する必要が出てきたり、死去したりすることによって生じる問題です。

■東洋経済ONLIE:これが「実家の片づけ」に悩む人の実態だ!


この問題の深刻さは、実家の片づけには「時間」と「費用」が掛かってしまうという点です。

期間として概ね3か月未満ですが、ひどい場合は1年以上かかることもあります。
また、費用も通常は30万円未満が多いようですが、ひどい場合は100万円以上かかってしまうこともあるようです。

何度かこのブログでもとりあげた空き家の問題もそうですが、こういった身の回りの整理もまた、親が元気なうち
親子間でしっかりと話し合っておくべき大事な問題と言えるでしょう。

cocowestlogo.gif  ★お問い合わせはお気軽にココウエストまで!★
札幌圏での不動産売却の御相談もお気軽にどうぞ!
posted by 大西 at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相続による不動産売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

コツコツ贈与で、余裕の相続対策

こんにちは。ココウエストの大西です。

2015年に入って、相続税に関する法律が大幅に改正され、従来だったら言うなれば「お金持ちの専売特許」だった相続問題が、

ふつうの人の悩みにもなる可能性が高くなってきました。

このブログでも過去に何度か取り上げましたがが、それに対する最大の対策が、資産の生前贈与です。とはいえ、ある程度まと

まった資産を生前に贈与するというのはなかなか難しいものです。そこでおすすめなのが、これから紹介する「コツコツ贈与

という考え方です。

生前贈与をすると贈与税がかかり、税率は相続税より高くなってしまいます。しかし、年間110万円の非課税枠(基礎控除額)が

あるため、この範囲内であれば、税金はかかりません。つまり、この枠内の金額を毎年少しづつ、こつこつと贈与する…というのが

コツコツ贈与の考え方です。

この考え方は非常にシンプルで、たとえば、親が子へ1千万円を一括贈与すると、二百万円以上の贈与税がかかります。

しかし毎年100万円ずつ10年にわたって贈与を続ければ、原則として税金はかかりません。

つまり、「自分はまだまだ元気だし、相続に関することを考えるのはまだまだ先だ」とは考えず、長期的に考えて、元気なうちに

相続にそなえる、ということが大事たということになるのでしょう。

cocowestlogo.gif  ★お問い合わせはお気軽にココウエストまで!★
札幌圏での不動産売却の御相談もお気軽にどうぞ!
posted by 大西 at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相続による不動産売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

相続人がいない不動産の処分方法

こんにちは。ココウエストの大西です。

前回は、空家問題の対策に関する話題でした。また、今までも何度かこの問題については取り上げてきました。

実は、空家が発生する理由のうち、かなりのものが相続に関するものなのです。

相続人がいないことから、放置される空家の数は増え、この10年で180万戸も増加し、土地に至っては

2050年には所有者不明の土地は約4万件以上になるといわれています。

このような状況が放置されると街や地域が衰退し、活気がなくなってしまいます。つまり、近所の人たちにも迷惑をかけて

しまうことになるのです。

そこでお勧めするのが、「遺贈」による財産の贈与を生前に行うことです。

これは、遺言によって相続人以外の方に財産を分与すること言い、遺言があれば、お世話になった知人の方などに財産を

遺したり、母校や公益法人などといった団体に寄付したりすることが可能なのです。

また、このような行為を行うことを「遺言信託」と言い、主要な信託銀行で行われています。

気になる方は、一度信託銀行の相談窓口を訪れてみるとよいでしょう。


cocowestlogo.gif  ★お問い合わせはお気軽にココウエストまで!★
札幌圏での不動産売却の御相談もお気軽にどうぞ!
posted by 大西 at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相続による不動産売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

相続対策シリーズD〜財産の分与

こんにちは、ココウエストの大西です。

前回まで、4回にわたり、相続のトラブル回避について説明してきましたが、最後は、大本命と言える、「財産の分与」についてです。

財産分与に関しては、遺言書にしっかり残しておくことは当たり前のことで、当然対策が必要です。

実は、財産分与でのトラブルの回避として非常に有効な方法が「孫への贈与」だと言われています。平成13年より、孫1人につき教育資金として、1500万円まで非課税で贈与できるという特例が導入されています。

基本的に相続に置いては、孫への贈与は考慮する必要がありません。しかし、しばしば親族で財産分与のもめ事に発展する原因は、その背後に子供の教育資金の問題が存在しるケースも少なくありません。

つまり、生前にあらかじめ贈与するだけでも、その原因をかなりの割合で削減できるわけです。

しかも、生前贈与は当事者以外にわからないので、分与の額の違いによる揉め事も回避できるという利点もあります。

ある程度大きな金額は、かわいい孫のために生前に分与しておき、残った財産を公平に親族間で分けるのが、もっとも賢い選択かもしれません。

こういった方法を駆使して、是非とも相続対策が必要な皆様が、速やかに相続を行えることを祈ります。

cocowestlogo.gif  ★お問い合わせはお気軽にココウエストまで!★
札幌圏での不動産売却の御相談もお気軽にどうぞ!
posted by 大西 at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相続による不動産売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。