フリーダイヤル 0120−79−5524 (携帯からも通話料無料)

2016年04月06日

マイナス金利と住宅ローン@ 〜 マイナス金利とは何か

こんにちは。ココウエストの大西です。

2016年1月29日の日銀政策決定会合で、マイナス金利の導入が決定されました。
そもそもこの、マイナス金利というのは一体何なのでしょうか?

ここでは、3回に分けてマイナス金利とは何かということと、
住宅ローンとの関係性について説明していくことにしましょう。

通常、銀行は国の借金である国債を買い、資金運用します。通常はこれにより利益が生じますが、
マイナス金利とは、国債を保有していても損失が生じる状態をいいます。

これはあくまでも銀行の話で、個人が銀行に預けているお金にはそのようなことはありません。

このマイナス金利は、2015年の1月にスイスで人類史上初めて発生し、その後
隣国ドイツのユーロ圏で発生し、そして今回日本でもそのような政策が実行に移されたわけです。

では一体、なぜこのような状態を発生させるのでしょうか?その理由は、大きく分けて二つあります。
一つ目は、日銀が、銀行に国債を買わせず、融資を増やさせたいと考えているからです。

銀行は国債を持っていても利益が出ないので、その分を企業に対する融資に振り向けます。
すると、企業活動が活発になり、景気が回復するという考え方です。

二つ目は、深刻化しているデフレへの対処です。
現在、アメリカでは「利上げ」が行われており、長期間保有していても利益を生まない日本円よりも、
利子が生まれるアメリカドルを世界中の人々がほしがると、円が売られ、ドルが買われます。それにより
海外から輸入する物資が値上がりし、デフレが止まることが期待されるわけです。

以上が、日銀がマイナス金利を導入した主な理由です。

cocowestlogo.gif  ★お問い合わせはお気軽にココウエストまで!★
札幌圏での不動産売却の御相談もお気軽にどうぞ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。